グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  服飾学科 >  専門教育課程

専門教育課程


服飾学科は、出願時にモードテクノロジー系またはファッションビジネス系どちらかの系統を選びます。入学後1年間の初年次教育課程で服飾における造形技術とビジネスの基礎を学びながら自分の適性や将来の目標を見定め、2年次からの専門教育課程で学ぶコースを選択します。自分らしい未来の実現に向けて、教員から日々のアドバイスを受けながら充実した4年間を過ごすことができます。

モードテクノロジー系

素材からデザイン、設計、製造までファッションの全ての「つくる」を究める。
ファッションは素材から始まり、デザイン、パターンメーキング、縫製などさまざまな工程を経て消費者に届けられます。ここではその一つひとつの工程で輝くスペシャリストを目指します。

モードクリエーションコース

伝統の技術を世界に発信
世界に発信できるファッションクリエーターを目指して、企画からデザイン、パターン、縫製、プレゼンテーションまで、幅広い能力を一貫したカリキュラムで身につけます。デザイナー、パタンナー、マーチャンダイザー、スタイリストといったスペシャリストを育成します。

FUTURE

デザイナー、スタイリスト、ソーイングスタッフ

インダストリアルパターンコース

最先端で服を設計する
個人の体型に合わせてカスタマイズし、パターン(製図)をCAD&3Dで確認します。アパレル(既製品)産業に対応できるスキルを身につけるため、CADパターンメーキング、工業用パターン、体型分類、サイズ設定、グレーディングなど一連の技術を理論的に学修します。

FUTURE

パタンナー、ソーイングスタッフ

テキスタイルデザインコース

素材を極めアートに高める
ファッション業界は今、「素材の時代」と言われています。服飾造形を支えるテキスタイル(素材)の基礎力を身につけ、アパレル素材の考案やアーティスティックな作品制作まで、自由な発想でテキスタイルデザインが提案できる人材を育成します。

FUTURE

テキスタイルデザイナー・テキスタイルプランナー

ファッションプロダクトデザインコース

デザインの可能性を追求する
ファッション造形は芸術、建築、デザインなどと深い関わりを持って創出されます。このコースは「身につけるプロダクト」をキーワードにカリキュラムを編成し、斬新なアイデアを生み出し、実社会に通用するデザインを創造できる人材の育成を目指します。

FUTURE

靴・バッグ・アクセサリーなどのデザイナー、プランナー


ファッションビジネス系

流行、価格、場所、時間など生活者とファッションを「つなぐ」仕組みを構築する。
ファッションが企画され生活者の手元に届くまでの全体の流れを学びます。消費者行動論、ビジネスプレゼンテーション技法などの共通必修科目を学び、「マネジメント」と「流通」2つのコースで専門分野を究めます。

ファッションビジネス・マネジメントコース

企業のトップリーダーとしてビジネスを構築
チームでバーチャルカンパニーをつくり、ブランド設定からデザイン、企画制作、プレゼンテーション、展示会、販売まで、実社会におけるビジネスモデルを体験します。プロとしての意識や実践力を高め、マーチャンダイザーやファッションプロデューサーを育成します。

FUTURE

総合職、販売、商品企画、起業、
MD(マーチャンダイザー)

ファッションビジネス・流通イノベーションコース

デジタル消費者の視点からビジネスを動かす
ファッションおよびライフスタイル分野において、オンライン(EC)とオフライン(リアル店舗)が融合した、日々進化する流通や販売方法のテクノロジーを学び、既成概念にとらわれない柔軟な発想を持って激変期のファッションビジネスに挑戦する人材を育成します。スタートアップ起業も視野に入れ、デジタルイノベーションの実践的な学びを提供します。

FUTURE

販売、EC・WEB 担当者、営業企画、
スタートアップ起業、ネットショップ運営


授業計画(シラバス)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。