グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  服飾学科 >  専門教育課程 >  ファッションプロダクトデザインコース

ファッションプロダクトデザインコース


デザインの可能性を追求する
ファッション造形は芸術、建築、デザインなどと深い関わりを持って創出されます。このコースは「身につけるプロダクト」をキーワードにカリキュラムを編成し、斬新なアイデアを生み出し、実社会に通用するデザインを創造できる人材の育成を目指します。
FUTURE 靴・バッグ・アクセサリーなどのデザイナー、プランナー


3年間の流れ

2年次

デザインの
基礎を身につける
デザインの発想の方法、デザイン画の描き方、モックアップ(模型)の制作などデザインの基礎的な技法について学修します。アクセサリー、キーホルダー、革小物などを製作します。

3年次

プロダクトデザインの
基礎を身につける
バッグ・帽子・アクセサリーを中心にデザインから製作まで行います。企画から最終モデルまでのデザインプロセスを通し、段階的に学修していきます。

4年次

製品化に向けて
デザインをする
デザインの社会的役割を認識した上で製作を行います。専門教育課程の各科目を通して学んだ全ての知識、技術、手法を駆使し製品化を目指します。

ファッションプロダクトデザインⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

実践的な工程を通してデザイン能力を高める

バッグや帽子、アクセサリー、その他ファッショングッズのデザインと製作を行います。市場調査に始まり最終モックアップ(模型)に至るまでのプロセスを通して、徹底的にデザインを追究し、実物製作へとつなげていきます。

ファッションプロダクトデザイン

マテリアル実習Ⅰ・Ⅱ

金属素材を扱う

主に金属素材を用い、アクセサリーをはじめ、ファッション雑貨を製作します。金属という素材は扱いにくいと思われがちですが、修得した技術を応用することで、さまざまなファッショングッズの製作にトライします。

マテリアル実習

デジタルデザインワークⅠ・Ⅱ・Ⅲ

作品をPRするメディアデザイン

Illustrator、Photoshopなどのグラフィックデザインソフトを使い、パソコンのスキルを徹底的に身につけます。同時にファッションプロダクト製品のカラープランニングも行い、出来上がった作品のコマーシャルポスターを制作します。

デジタルデザインワーク

ファッションプロダクトデザインゼミ

産学協同プロジェクト

製品化を目指しデザインを行います。企業における商品開発、製品化、商品販売などの各領域に携わる専門家との交流や意見交換の場をより充実させ、実社会におけるプレゼンテーションの重要性を学んでいきます。


身につく制作力

卒業制作(プロダクト)Ⅰ・Ⅱ

「身につけるプロダクト」をキーワードに、人に喜んでもらえる作品づくりを目指し、豊かな発想力と優れた造形能力を修得します。


FOCUS

企業のものづくりに直接携わる産学協同プロジェクト

USUI INTERNATIONAL(株) × 杉野服飾大学

colourz御茶ノ水店にて、作品を展示、販売。

TOKYO NAIL EXPO 2019にて作品展示、販売。

共和レザー(株) × 杉野服飾大学

Rakutenにて販売


コース必修科目

  • ファッションプロダクトデザイン論
  • ファッションプロダクトデザイン Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • デザインプロセス
  • アクセサリーデザイン
  • デジタルデザインワーク Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • プロダクトデザイン演習 Ⅰ・Ⅱ
  • ファッションプロダクトデザインゼミ
  • マテリアル実習 Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業制作 Ⅰ・Ⅱ

授業計画(シラバス)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。