グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  服飾学科 >  専門教育課程 >  ファッションビジネス・マネジメントコース

ファッションビジネス・マネジメントコース


企業のトップリーダーとしてビジネスを構築
変化の激しいファッション業界に連動しながら授業内容をアップデート。広範な学修エリアをバランス良く網羅しながらファッション業界のプロフェッショナルを育成していきます。
FUTURE 総合職、ファッションアドバイザー、商品企画、生産管理、MD(マーチャンダイザー)、バイヤー、店舗開発、ブランド開発、プロモーション企画


3年間の流れ

2年次

専門知識、基礎力を
身につける
講義や体験型学修を中心にファッションビジネスの専門知識、基礎力を身につけます。業界の第一線で活躍しているトップリーダーをゲストスピーカーとして招き、ビジネスのリアルな現場の声を聞きながら理解を深めていきます。

3年次

実務・実践力を
身につける
広範な専門分野の科目による実践学を進める中で、チーム単位で企業と「産学連携」プロジェクトに取り組み、新ブランドや新ビジネスモデル創造、そして商品企画づくりを目指します。さまざまな工程の中でエキスパートの方々と協業しながら実践的な学修を行います。

4年次

社会人としての準備と
即戦力を身につける
社会人に向けた準備、キャリアアップを目指しながら高度な専門分野の学修を進めます。さらに4年間の集大成として、個々の関心領域について研究・調査した成果を卒業論文にまとめ、創意工夫を生かした発表を行います。

プレゼミ(マネジメント)

ファッションビジネスの基礎を修得する
3年次以降の専門性の高いカリキュラムに向けた基礎知識や考察力の基盤づくりを目指して、職種研究や企業訪問、グループ学習などオムニバス形式の授業を通じてファッションビジネスやマーチャンダイジングの基礎を修得します。

パタゴニア日本支社見学の様子

「産学連携」プロジェクト演習 Ⅰ・Ⅱ

企業と連携して実践的な学修効果を目指す
アパレル系企業との実践的な学修を通じて、製品化に向けた商品企画から店舗運営までの一連の流れを体験します。サステイナブル、SDGsなどの社会問題とも向き合い、ファッションビジネスとの相関性をテーマに多面的に学修します。

廃棄衣料のリメイク商品を企画し、ラグタグ原宿店で販売

バイヤーの実践学

バイヤー視点でファッションビジネスを体感
発注計画・仕入計画策定フロー、トレンドや市場変化といった各種情報収集など、バイヤーに求められる基礎的な知識からプロフェッショナル・スキルまで、現代のバイヤー業務を科学的なアプローチで学修し、理解を深めていきます。

外部講師による授業の様子

店舗開発マネジメント論

店舗開発のスキルを多角的に学修する
市場調査、マーケット情報収集、データ分析から店舗開発計画へのアプローチ手法を学修し、チーム内ディベートを実施しながらプレゼン資料を作成、全体発表を行うまで、広範なマーチャンダイジングの原理理解を目指します。

(株)アトレ目黒店改装計画の最終プレゼンテーション


学びの特色

チームで挑戦する「産学連携」プロジェクト

(一財)ニッセンケン
(株)トゥモローランド

業界の先端技術やビジネスを知る
アパレルの高度分析技術による品質検査を体験し、最先端テクノロジーを集約したアトリエで体験授業を受けました。また、アパレル企画室にてディレクション制作も体験しました。

現役エキスパートによる特別講義の実施

ファッションビジネスの実践的な学修
(株)ビームス取締役の窪浩志氏やカルロインターナショナル代表の黒部和夫氏など最前線で活躍される方々をお招きし、ファッションビジネスのリアルな現状や新しい業界視点などについて詳しい講義を受けました。


コース必修科目

  • 消費者行動論 Ⅰ
  • ビジネスプレゼンテーション技法 
  • 企業会計入門
  • グローバルマネジメント特論 Ⅰ・Ⅱ
  • ファッションエディトリアル Ⅰ
  • ファッションマーケティング論
  • プレゼミ(マネジメント)
  • ブランド・マネジメント論
  • PRマネジメント論
  • 新製品(商品)開発論
  • 生産管理論
  • リテールマーチャンダイジング
  • 「産学連携」プロジェクト演習 Ⅰ・Ⅱ
  • バイヤーの実践学
  • 店舗開発マネジメント論
  • ファッションMD評価システム
  • 卒業論文 Ⅰ・Ⅱ

授業計画(シラバス)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。