グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム >  学部・大学院 >  服飾表現学科 >  専門教育課程 >  スタイリング

スタイリング


被写体の魅力や個性を引き出す
モデルやアーティストの個性を、服や小物のスタイリングによって引き出す。クリエーターが創造したアイテムの魅力をファッション誌の誌面やWEBで伝え、読者や消費者に働きかける。テレビや雑誌、WEB、広告など各分野で求められるスタイリングの専門テクニックを磨きます。

卒業後の進路 >>> テレビ・雑誌・WEB・広告などのスタイリスト

ページ内目次


3年間の流れ

映画鑑賞を通して
ファッションの背景を学ぶ
1年次に学んだ流行論、ファッション史に加えてストリートファッションのリアルや、それらが生まれた背景について映画鑑賞を通して深く学びます。基礎として学んだファッション・フィールド・リサーチやグラフィックデザイン、写真表現などのスキルを3年次以降の課題につなげていきます。

感性を磨きつつ
スタイリングの実践力を身につける
これまでの学びを踏まえた作品づくりを通して、服飾表現の知識とスキルを養います。また、フィールドワークやアート鑑賞の授業を通して感性を磨き、街や人に対する視野を広げます。教員のスタイリストとしての経験に基づいた演習を通して、人を魅力的に見せるバランスについて学びます。

時代の気分を読み取り
卒業制作と研究ノート作成に取り組む
1年次に学んだ基礎知識、2年次に学んだ時代や社会との関連、3年次で学んだ写真集や雑誌への考察、ファッション撮影、街のリサーチなどを通して身につけた力の全てを発揮し、ファッションにおける「これからの時代」を見据えて卒業制作および研究ノート作成に取り組みます。

主な科目

スタイリング演習Ⅰ

映画を通して流行と時代の関係を学ぶ
50年代の「フィフティーズ」、60年代の「スウィンギングロンドン」「モッズ」、70年代の「ヒッピー」「グラム」「パンク」など、ストリートカルチャーに迫ったファッションの流行が生まれた時代背景を、映画やアートを通して学び、感性を磨く授業です。また、写真展鑑賞などの学外授業を通して、多彩なスタイリングを生み出す知識を身につけます。

スタイリング演習Ⅱ・Ⅲ

ファッション撮影を行い写真集制作
「スタイリング演習Ⅰ」での時代考察を踏まえ、「時代別ファッションの歴史」のマップをコラージュで作成。
写真集や雑誌の見方・読み方・作られ方の研究や、ショップや街のフィールドリサーチも行います。最終的には、ファッションスタイリングのレッスンを受け、自分たちでファッション撮影を行って写真集を制作します。

卒業制作企画・卒業制作

未来のファッションとスタイリングを考える
「スタイリング演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」で学んだ知識を踏まえ、未来を見据えた卒業制作に取り組みます。サステナビリティ、エシカル、エコロジー、リユース、リサイクル、フェアトレードなどの考え方に基づき、リメイクの演習を行い、また、フィールドワークを通して研究ノートを作成しつつ、社会に向けてスタイリストとして発信する力を身につけます。

TEACHER

中村 のん
スタイリスト

CM、広告、雑誌、ステージ衣装、PV、CDジャケット、写真集、タレントのイメージづくりなど、多岐にわたる分野で活動。


FOCUS

ファッションフォトの撮影

五感を使ってスタイリングの土台となる感性を磨く
ファッションとは単体で存在するものではなく、音楽、アート、社会情勢などと関わりを持ちながらトータルで流行を生みだすもの。それを、あらゆる資料やフィールドワークを通して学びます。例えば、コーディネートに合う背景を探しながら街を歩き、ファッションフォトを撮影する授業。学外に出て、人や街など、「実際」に触れることで視野を広げ、感性を磨き、発信する力や自信を身につけてゆくことも重要視した授業です。

何でもない風景の中からも撮影に適した場所を探せる目を養う

上着や小物を使って
スタイリングに変化をつける