グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



お知らせ

ホーム >  お知らせ >  大学院「3Dデジタルモデリングコース」新設

大学院「3Dデジタルモデリングコース」新設


最先端のファッションテック教育と3DCGを活用した
新たな服飾領域のクリエーターを養成

杉野服飾大学大学院は、服飾の造形研究を目的として、衣の造形作家を養成することを目標としています。専攻は造形専攻の一専攻です。

2022年度に、造形専攻の中に新しく「3Dデジタルモデリングコース」を新設することといたしました。この新しいコースは、現在日本の服飾産業の生産過程で発展し始めた三次元のコンピューターグラフィックを活用した服飾のモデリングの工程を教育研究することを目的としています。

詳細は、下記のPDFファイルをご確認ください。