グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



就職情報

ホーム >  就職情報 >  キャリア支援

キャリア支援


きめ細かい就職サポートで希望の進路へ

就職課

就職部は本校舎1階正面玄関から入って右手に位置しています。

就職部のファイルには、企業から送られてきた会社案内や、求人票、会社説明会のお知らせ等がファイルされています。黄色のファイルが一般企業、水色のファイルがアパレル関連企業です。
また、皆さんが就職活動用に使用できるパソコンを現在10台設置しています。企業へのエントリーの手段として多くの企業が就職情報サイトや自社HPを使用しております。また現在の就職活動では、企業との様々なやり取りを電話やハガキではなくメールで行うことが主流となっていますので、就職部のパソコンを是非活用して下さい。

各種就職サポート

就職個別面談 就職部では、カウンセラーを充実させており、希望の職種や選考状況に合わせ、履歴書添削、面接練習などマンツーマンでアドバイスを受けることができます。
就職活動対策ミニ講座 集団面接やグループディスカッションなど、10名程度でじっくり学べる少人数制対策講座を開催しています。また、日本で就職を希望する外国人留学生のために、ガイダンス・講座を定期的に開催し、日本での就職活動をサポートしています。
全員に配布される
「就職活動の手引き」
就職活動に入る大学3年次、全員に配布している「就職活動の手引き」は、杉野学園指定履歴書の見本や社会人基礎力の身につけ方など、就職活動のポイントが分かる一冊です。就職ガイダンスではテキストとして使用し、就職に向けたサポートの一環として活用できます。
インターネットや
卒業生による情報提供
専用パソコンを10台設置。学生はいつでも企業情報・求人情報にアクセス可能です。また、過去5年間の卒業生就職試験内容報告書の資料を閲覧できます。
業種別求人票ファイル 過去3年間に求人のあった企業の求人票・会社案内など約1,000社の資料がファイリングされています。
学内企業説明会 アパレル企業の人事担当者と近い距離で、経営方針やブランドの説明、採用スケジュールなど、たくさんの情報を得ることができる少人数制の説明会が行われます。

学生支援推進プログラムで【A】評価取得

杉野服飾大学の「学生との連携を密にした職業意識と実質就職率向上のための施策」プログラムは、文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」の優れた取り組み(Good Practice:略称GP)として2009 年度に選定され、3年間実施してきました。個別面談による「就職カルテ」の作成とデータベース化、在学生・既卒者・教職員・企業が双方向で利用できるネットワークシステムの導入など、さまざまな方策を立て学生の職業意識と実質就職率の向上を目指し取り組みました。2012年10月29日付文部科学省の通知より、学生支援プログラム評価委員会が本学の取り組みを評価した結果、総合評定A(目標に沿った取り組みが実施されており当該目標を概ね達成している)の評価を取得。主な評定理由は、<大学3年次より「個別面談(全員必須)」を実施したことにより、早期の段階から個々の学生の資質と個性を把握し、学生の職業意識の向上を図ることができている点で高く評価できる>というものです。なお、本取り組みは現在も継続しており、教職員が密に連携しながら、学生の就職支援を行っています。