ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界を目指すヒトのためのファッションカレッジ

杉野服飾大学

大学案内

  • ファッションクリエーターへの道を進んでみませんか

  • 建学の精神を承け継いだ杉野服飾大学の教育の基本理念

  • ドレスメーカー女学院誕生から、杉野服飾大学の今日まで

  • 授業を改善し、教育の質を高めるための自己点検評価

  • 公益財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価

  • 現場で活躍している本学の多彩な教員スタッフ

  • 「創造力豊かな人材の育成」を目指した各種施設と設備

閉じる

学部・コース

閉じる

杉野服飾大学大学院

閉じる

キャンパスライフについて

閉じる

リクルート関連情報

閉じる

受験関連情報

閉じる

受験生の方へ

閉じる

保護者の方へ

閉じる

企業の方へ

閉じる

一般の方へ

閉じる

卒業生の方へ

閉じる

学生の方へ

閉じる
トップ  >  大学案内  >  大学の歩み

大学案内

大学の歩み

大学の沿革

1926 杉野芳子ドレスメーカースクールを東京・芝に創立。 同年11月品川区上大崎の現在地に移りドレスメーカー女学院と改名。
1927~1930 速成科・研究科・師範科の3つの科及び洋服本科(修業年限1年)を順次開設。
1935 創立10周年記念ファッションショーを日比谷公会堂で開催。日本人によるわが国初の本格的ファッションショーであった。
1945 空襲で校舎は焼失したが、終戦1週間後生徒より懇請され、1946年本科・研究科・師範科の授業を再開。
1950 杉野学園女子短期大学 被服科 開学。
1951 杉野学園、財団法人から学校法人となる。
1957 杉野学園衣裳博物館開館。杉野芳子学長、フランス政府からフランス文化に尽くした功績により、クロワ・ド・シュバリエ(教育功労章)を受ける。
1962 短大に生活芸術科を増設。
1964 杉野学園女子大学 家政学部被服学科 を設置。
1965 大学を杉野女子大学に、短期大学を杉野女子大学短期大学部に名称変更する。
2001 日野市百草に大学日野キャンパス竣工。大学家政学部被服学科のカリキュラムを改正し、1、2 年次は基礎課程として共通カリキュラム、3、4 年次は専門課程として「モードクリエーションコース」「先端ファッション表現コース」「感性産業デザインコース」「アートファブリックデザインコース」「ファッション文化論コース」の5コースを開設し、コース別のカリキュラムを編成する。
2002 男女共学とし、大学は杉野服飾大学 服飾学部服飾学科、短期大学は杉野服飾大学短期大学部 服飾学科に名称変更する。
2003 大学に「ファッションビジネス・マネジメントコース」を開設する。第2 校舎(大学新校舎)竣工。
2005 大学に「ファッションプロダクトデザインコース」を開設する。
2009 大学にデザイナー養成を目的とするファッションデザイン専攻科を設置する。
2011 第2 校舎に隣接してSUGINO HALL が開館する。
2012 大学に修士課程の大学院造形研究科造形専攻を新設する。
2015 大学服飾学部服飾学科のカリキュラムを改正し、1年次は初年次教育課程として共通カリキュラム、これまで3、4年次に設定していた専門課程を2〜4年次に編成。
「先端ファッション表現コース」「ファッション文化論コース」廃止、「ファッションビジネス・流通イノベーションコース」開設。