グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学科・プログラム

ホーム >  学科・プログラム >  専門プログラム >  アパレルクリエーション

アパレルクリエーション


企業の生産プロセスを取り入れながら服づくりを行います。ファーストパターン作成→工業用パターン作成→ グレーディング(サイズ展開)→マーキング→裁断→工業的縫製の流れを意識しながら制作を進めます。基本パターンからシルエットやデザインに応じたパターンへの展開など、パターンメーキングに重点を置いたうえで、正確で効率の良いアパレルソーイングを学び、即戦力となる総合力を育成します。アパレル業界のあらゆる職種に対応できる知識と技術を身につけます。


アパレルパターン

さまざまなデザインに対応できるようなパターン展開方法と、工業用パターンの基本的な作成方法を学びます。

アパレルパターン

アパレルソーイング

計算された工業用パターンで裁断したパーツを効率よく、そして美しく縫製することを学びます。

アパレルソーイング

アパレル制作

アパレル製品の生産過程を踏まえ、質の高い服づくりに求められる要素は何かを探りながら、パターンからソーイングまでを実践して理解を深めていきます。

アパレル制作

Teacher's Voice

吉川 玲子

アパレル業界に即した
パターンメーキングを学びます。


【アパレルクリエーション担当/教授:田原 美津子】
パターンとは、洋服をつくるための設計図です。「いい服」をつくるには、デザインや素材だけでなく、動きやすさ、着心地を考慮したパターンでなくてはなりません。完成図を思い描きながらパターンを引き、サンプルをつくり、修正をしてまたパターンを引き直す。一緒にいろいろなアイテムのパターンを引いていきましょう。