グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



大学案内

ホーム >  大学案内 >  短期大学部の歩み

短期大学部の歩み


沿革

1926 杉野芳子ドレスメーカースクールを東京・芝に創立。 同年11月品川区上大崎の現在地に移りドレスメーカー女学院と改名。
1927〜1930 速成科・研究科・師範科の3つの科及び洋服本科(修業年限1年)を順次開設。
1935 創立10周年記念ファッションショーを日比谷公会堂で開催。日本人によるわが国初の本格的ファッションショーであった。
1945 空襲で校舎は焼失したが、終戦1週間後生徒より懇請され、1946年本科・研究科・師範科の授業を再開。
1950 杉野学園女子短期大学 被服科 開学。
1951 杉野学園、財団法人から学校法人となる。
1957 杉野学園衣裳博物館開館。杉野芳子学長、フランス政府からフランス文化に尽くした功績により、クロワ・ド・シュバリエ(教育功労章)を受ける。
1962 短大に生活芸術科を増設。
1964 杉野学園女子大学 家政学部被服学科 を設置。
1966 短期大学を杉野女子大学短期大学部に名称変更する。
被服科に4つのコースを設置(①ドレスクリエーションコース、②コスチュームクリエーションコース、③アパレルクリエーションコース、④ライフスタイルクリエーションコース)
2001 日野市百草に日野キャンパス(杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部校舎)竣工。
2002 男女共学とし、杉野服飾大学短期大学部 服飾学科に名称変更する。
2003 短期大学部 生活芸術科を廃止。
2007 杉野服飾大学短期大学部に長期履修生制度を導入する。
2008 「ブライダルファッションプランニングゼミ」を開講。
2010 (財)短期大学基準協会による平成21年度第三者評価の結果、適格と認定された。
2011 杉野学園第2校舎 SUGINO HALL竣工。
コース制を廃止し、自由な科目選択制にする。
2012 平成21年度に採択された「大学教育・学生支援推進事業〔テーマB〕学生支援プログラム」における「ファッションアドバイザー育成を軸とした教育と就職支援体制の構築」が、Sランクの評価を受ける。
杉野服飾大学に修士課程の大学院造形研究科造形専攻を新設する。
2017 一般財団法人短期大学基準協会による平成28年度第三者評価の結果、「適格」と認定される。