ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界を目指すヒトのためのファッションジュニアカレッジ

杉野服飾大学短期大学部
HOME  >  学科案内  >  専門プログラム

学科紹介

専門プログラム

専門プログラム
あなたの好きなもの、つくりたいものは?
3つのコア科目から基幹となる科目を1つ選択

コア科目

ドレスクリエーション

ファッション性に富んだオリジナルデザインで、創作ドレスに「挑戦したい!」想いをカタチにしましょう。“自分サイズ”のパターン(製図)を引き、シーチング(無地の木綿布)もしくは実際の布で形をつくり→フィッティング(仮縫い)といった工程で服づくりを行っていきます。オートクチュールさながらのプロセスを踏まえることで、それぞれの工程に必要な技術力と丁寧な服づくりのノウハウを身につけることができます。

ドレスクリエーション

ドレスパターン

1年次に作成した自分サイズの原型を使用し、考えたデザイン通りに制作するための設計図となるパターンを引きます。着用時のシルエット、バランス、使用する素材を考えながら制作します

ドレスパターン

フィッティング

裁断、印付けをした後に手縫いで服を組み立てます。その後、自らが着装し第三者にフィッティング(仮縫い)をしてもらい、鏡を見ながら体形やバランスを考え修正をしていきます。

フィッティング

タウンウェア制作

日常に着る服を制作します。パンツ制作とそのパンツにあったブラウスやベスト、ジャケットなど上下の組み合わせを考えて制作します。

タウンウェア制作
ドレスクリエーション担当准教授 井口多恵子

Teacher's Voice
さまざまな服づくりにチャレンジ!
自分自身をプロデュースしましょう!!


ドレスクリエーション担当
准教授 井口 多恵子
1 年次に作成した自分サイズの基本の型(原型)をもとに、さまざまなアイテムの服づくりにチャレンジします。“素敵な自分になれる服”とはどういうものかをつくりながら探求し、「服」というツールで自分自身をプロデュースして新たな一面を発見しましょう!

コスチュームクリエーション

普段着のファッションとは異なる発想で、“おもしろく、美しい”服づくりを学びます。「コスチューム」は、エンターテインメントやアイドル、CM やコスチューム・アートなど非日常的な空間で着装する創造的な「衣裳」です。着心地や実用性よりも、斬新さや華やかさを重視したアイテムのデザインや制作を手がけることで、表現力を磨きます。また、従来の服づくりに使用しない素材(プラスチック、針金など)を使うこともコスチュームづくりのおもしろさです。

コスチュームクリエーション

コスチュームパターン

ありえない非現実的な形やデフォルメされたシルエットなど、変わったデザインを制作するためのパターンを学び、展開します。

コスチュームパターン

ポイントデザイン

アイテムやディテールを取り上げてデザインしていきます。バリエーションを広げていくことで“普通じゃないもの”を生み出せる発想力を培います。

ポイントデザイン

テーマ制作

話題になっているもの、身近にあるもの、興味や感性を刺激するものを「テーマ」に、コスチュームパターンやポイントデザインで学んだ内容をベースにしながら作品を制作します。

テーマ制作
学科長/コスチュームクリエーション担当 教授森田 裕子

Teacher's Voice
普通のことは考えない。
そこから新たな世界が広がります。


学科長/コスチュームクリエーション担当
教授 森田 裕子
衣裳のデザインで大事なのは「これ、おもしろい!」と思わせること。ただし、独りよがりやチープではなく、人を惹きつける素敵で美しいモノでなくてはなりません。ここではその違いや普通じゃないものをカタチにするテクニックを学び、心に響く作品をつくります。

アパレルクリエーション

企業の生産プロセスを取り入れながら服づくりを行います。ファーストパターン作成→工業用パターン作成→ グレーディング( サイズ展開)→マーキング→裁断→工業的縫製の流れを意識しながら制作を進めます。基本パターンからシルエットやデザインに応じたパターンへの展開など、パターンメーキングに重点を置いたうえで、正確で効率の良いアパレルソーイングを学び、即戦力となる総合力を育成します。アパレル業界のあらゆる職種に対応できる知識と技術を身につけます。

アパレルクリエーション

アパレルパターン

さまざまなデザインに対応できるようなパターン展開方法と、工業用パターンの基本的な作成方法を学びます。

アパレルパターン

アパレルソーイング

計算された工業用パターンで裁断したパーツを効率よく、そして美しく縫製することを学びます。

アパレルソーイング

アパレル制作

アパレル製品の生産過程を踏まえ、質の高い服づくりに求められる要素は何かを探りながら、パターンからソーイングまでを実践して理解を深めていきます。

アパレル制作
アパレルクリエーション担当 教授吉川 玲子

Teacher's Voice
アパレル業界に即した
パターンメーキングを学びます。


アパレルクリエーション担当
教授 吉川 玲子
「パターン力」は服づくりに欠かせません。良い服とは美しく格好良いだけでなく、着心地の良さも求められます。何度も線を引き、サンプルをつくり、修正し、またつくり直す。繰り返すことが「パターン力」を高め、人々に喜ばれる服づくりにつながります。一緒に頑張りましょう。

サブ科目

前期

リクチュール
ただ服をつくるだけでなく、その服が不用になった後のことを考える、これがエコ時代のアパレルの課題です。この認識を持ち、私たちに今できることとして不用になったモノをただリサイクルしたり、つくり替えたりするだけでなく、新しい世界に一つのファッションをつくり上げます。
プリントワーク I
ガーメントプリンターを使用して作品を制作します。デザインした図案をプリントするだけでなく、ひと工夫・ひと仕事(work)した作品を目指します。
リクチュール/プリントワーク I
アパレルテクニック
襟、ポケット、あきなど、いろいろな服に応用できるパターンと縫製テクニックを学びます。数をこなす学習プログラムで服づくりの幅が広がります。
アパレルテクニック
キッズファッション(春・夏)
0歳〜12歳、春・夏シーズンの子供服を制作します。刺繍やアップリケなどの手芸的要素、フリルやレースなどの装飾を取り入れ、トータルで着装できるデザインを考えて制作します。
キッズファッション(春・夏)
パンツ(工業用パターンとテクニック)
基本パンツのパターンからデザインに応じてパターンを展開。ファーストパターン→トワルチェック→工業用パターン→アパレル仕様での縫製というプロセスでパンツを制作します。

後期

ビスチェ・パニエ
身体の形を整える、ドレスのシルエットを形づくることを目的にアンダーウェア(下着)として着用するものを制作します。ボーンやワイヤー、チュールレースなどを使用し、機能を重視して制作します。
ビスチェ・パニエ
ジャケット(工業用パターンとテクニック)
美しい仕上がりのジャケットにするためにあらかじめ計算され、つくられた表地、裏地、芯地のパターンを使用して、ジャケットの縫製テクニックと工業用パターン作成方法を学びます。
ジャケット(工業用パターンとテクニック)
キッズファッション(秋・冬)
0歳〜12歳、秋・冬シーズンの子供服を制作します。刺繍やアップリケなどの手芸的要素、フリルやレースなどの装飾を取り入れ、トータルで着装できるデザインを考えて制作します。
アパレル制作(CAD)
専門選択科目の「アパレルCAD」で学んだことを、実際の服づくりの過程で応用する授業です。製図から型紙づくりまでをCADで行い、作品を制作します。
キッズファッション(秋・冬)/アパレル制作(CAD)
プリントワーク II
ガーメントプリンターを使用して作品を制作します。デザインした図案をプリントするだけでなく、ひと工夫・ひと仕事(work)した作品を目指します。

専門科目

学びで得たものを社会で活かすには、学生のうちから社会を意識し、今の自分にできること、不足していることを認識したうえでさらに自己を高めることが大切です。
社会との関わりを通して視野を広げる学びのいくつかを紹介します。

社会貢献プログラム

社会人として必要なコミュニケーション能力、問題解決力を養うための実践的な授業です。
地域社会と連携し服飾を学ぶ学生として貢献できることを見つけ、学生自身が活動の主体となるべく取り組みます。

目黒区商工まつり

目黒リバーサイドフェスティバルで大人から子どもまで楽しめるワークショップを企画段階から実施しています。

目黒区商工まつり

夕陽会ワークショップ

「夕陽会」は本学周辺のエリアの戦前からある町会です。本学はそこでの子供会を対象に、ものづくりのワークショップを開催しました。

夕陽会ワークショップ

東北復興支援の取り組み

平成23年秋から目黒のインテリアショップコミュニティ「MISC」との産学連携を行っています。インテリアの残布を使って学生が小物を制作し、イベントで販売した売上金を気仙沼の支援にあてる活動を続けています。

東北復興支援の取り組み

児童センターでのワークショップ

学生主体で行うワークショップで、子供に向けたタイダイ染めのTシャツリメイク、抱っこ紐のよだれカバー製作を実施。

児童センターでのワークショップ

品川区八潮児童センターワークショップ

平成23年より、子供から大人までを対象にものづくり中心のワークショップを企画から行っています。夏休み終わり頃にセンターのイベント「夏フェス」に参加し、つくったアイテムをファッションショー形式で発表しています。

品川区八潮児童センターワークショップ

社会貢献プログラム報告会

活動の成果をチームごとにまとめ、連携先の地域の関係団体の方を招いて発表、講評をいただきます。

学習成果報告会

特別アワー

学校内の授業だけでは実感できない多くのことを、学外の講師による特別講義や現場の見学、美術鑑賞などで触れ、体験します。
この成果を自らの目標設定に活かし、学修への意欲をさらに高めていきます。

卒業生特別講演

現役で活躍している卒業生を講師に招き、学生時代から現在に至る軌跡を語っていただきます。仕事で輝くためには、チャンスを活かすには…、講義の中から自分にとってのヒントを見つけ、それぞれの目標に向かいます。

卒業生特別講演

工場見学

ミシン工場では普段見ることのない生産現場で使われているさまざまな機能を持った工業用ミシンに触れます。縫製工場では既製服生産の一連の工程を見学し、品質向上のため企業が努力している現状を学びます。

工場見学

美術館見学

東京国立博物館では展示見学と併せ、服飾関連の収蔵品についてのレクチャーで理解を深めます。神戸ファッション美術館ではオートクチュールデザイナーについての特別講義を受け、作品を間近に見学します。

美術館見学

専門必修科目

ファッション販売演習Ⅱ
ディスプレイやプレゼンテーション技術などを学び、販売模擬演習(ロールプレイング)を行い、FA(ファッションアドバイザー)としてのスキルを磨きます。
社会貢献プログラム
地域社会をフィールドに、チームごとに考え行動する、学生主体のプログラム。身近な地域との交流を通じてコミュニケーション能力や問題解決力などを養います。
特別アワー
アパレル関連企業の方や卒業生による特別講義、展示会・展覧会の見学のほか、社会見学など学内の授業とは別の視点からファッションを学びます。

【実習・演習】 専門選択科目

ファッション画III・IV
服飾デザインの原理と被服と人体の関係を理解し、コンセプトに応じたデザイン画を自由に表現できる力をつけます。アパレル業界で使うハンガーイラスト画も学習。
ファッション画III・IV
ファッションCG
服飾デザインをコンピュータグラフィックス(CG)により表現します。Illustrator、Photoshop、PowerPointといったアプリケーションの表現方法を修得していきます。
ファッションCG
アパレルCAD I ・ II
完成パターンにより立体(3D)から平面(2D)の相互関係を学び、平面パターンの設計についてCADで理解を深め、アパレル企業で活用できる知識を修得します。
衣服素材演習
衣服素材の性質などを化学的実験により体験的に理解し、後半は染色にも取り組みます。
映像制作
ディスプレイやプレゼンテーション技術などを学び、販売模擬演習(ロールプレイング)を行い、FA(ファッションアドバイザー)としてのスキルを磨きます。
ドレーピング&パターンメーキングIII・IV
1年次に培った基礎知識をもとに、スカートやブラウスなどの作製の基本を修得。基本原型の必要性と重要性を把握して合理的なパターンのつくり方を学びます。
ブライダルファッションプランニングゼミ
ブライダル業界に関する理解を深め、資格取得も目標に、将来のキャリア選択の視野を広げます。

【講義・その他】 専門選択科目

ファッション産業論
ファッション産業のしくみやビジネスの変遷と現状を解説。時代のトレンドを捉える能力を養います。
ファッション産業論
ファッション史
有史以来の民族、地域、宗教との関連性、近代以降の芸術やデザイン運動との関連性などを踏まえながら、ファッションの歴史を多様な文化の歴史とともに学びます。
コスチューム論
現実世界から架空世界へと導く舞台や映画などに見られるコスチュームデザインについて、ストーリー展開とともにその意図や意味、役割について理解していきます。
マーチャンダイジング論
ファッションメーカー(製造業界)のためのマーチャンダイジングを中心に、繊維業界と小売業界から消費者市場までの一貫した商品企画を考察。専門知識と企画構成の理論から演習を取り入れながら企画書を作成し、講義を中心に学んでいきます。
マーチャンダイジング論
インターンシップ
専門分野に関連する実務を企業で体験・実習。アパレル企業などでの研修を通して、学内での学びをより深く理解する相互作用で実務能力の向上を目指します。
ショップディスプレイ
コンセプト表現としてのショップディスプレイを身近な店舗を通して学び、有効なテクニックを修得します。
日本服飾文化史
日本人の装いが時代や社会背景により、どのように変化してきたかを原因とともに追求し、日本の服飾を概観できる力を修得します。

教養科目


健康科学 言語と服飾文化 ファッション英語A ファッション英語B

ゼミナール

  • CGクリエイター検定対策ゼミ(1,2年次開講)

杉野で学ぶなら

学校法人 杉野学園 杉野服飾大学 短期大学部
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19  TEL:03-3491-8152(入試広報課)

  • 杉野服飾大学&短大インスタグラム
  • 杉野服飾大学&短大の公式LINE@
  • 杉野服飾大学短期大学部 公式Facebook
このページのトップへ