ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界を目指すヒトのためのファッションカレッジ

杉野服飾大学
HOME  >  学部・コース  >  ファッションプロダクトデザインコース

教育課程

ファッションプロダクトデザインコース

デザインの可能性を追求する

ファッションプロダクトデザインコース

ファッション造形は芸術、建築、デザインなどと深い関わりを持って創出されます。このコースは「身につけるプロダクト」をキーワードにカリキュラムを編成し、斬新なアイデアを生み出し、実社会に通用するデザインを創造できる人材の育成を目指します。

3 年間の流れ

2年次

デザインの基礎を身につける
デザインの発想の方法、デザイン画の描き方、モックアップの制作などデザインの基礎的な技法について学修します。アクセサリー、キーホルダー、革小物などを制作します。

3年次

プロダクトデザインの基礎を身につける
バッグ・帽子・アクセサリーを中心にデザインから制作まで行います。企画から最終モデルまでのデザインプロセスを通し、段階的に学修していきます。

4年次

製品化に向けてデザインをする
デザインの社会的役割を認識した制作を行います。専門課程各科目を通して学んだ全ての知識、技術、手法を駆使し製品化を目指します。

主な科目と作品

「身につけるプロダクト」 バッグ・帽子・アクセサリー・ファッショングッズ
実践的な行程でデザイン能力を知る
ファッションプロダクトデザイン I ・II・III・IV
バッグや帽子、アクセサリー、その他ファッショングッズのデザインと制作を行います。市場調査に始まり最終モックアップ( 模型) に至るまでのプロセスを通して、徹底的にデザインを追求し、実物制作へとつなげていきます。
ファッションプロダクトデザイン I ・II・III・IV
作品をPR するメディアデザイン
デジタルデザインワーク I ・II・III
Illustrator、Photoshop などのグラフィックデザインソフトを使ってパソコンのスキルを徹底的に身につけます。同時にファッションプロダクト製品のカラープランニングも行い、出来上がった作品のコマーシャルポスターなどを制作します。
デジタルデザインワーク I ・II・III
金属素材を扱う
マテリアル実習 I ・II
主に金属素材を用い、アクセサリーをはじめ、ファッション雑貨を制作します。金属という素材は、扱いにくいと思われがちですが、修得した技術を応用することで、さまざまなファッショングッズの制作にトライします。
マテリアル実習 I ・II
生活の中におけるプロダクトデザインとは?
プロダクトデザイン演習 I ・II
デザインの方法(発想・展開・定着・表現・伝達)を実践的に理解します。Ⅰは平面の構成力に重点を置きデザイン訓練を行い、実素材の特性を体感します。Ⅱでは立体の構成力を養い、プロダクトデザインの可能性を探ります。

プロダクトデザイン演習 I ・II

FOCUS

産学協同プロジェクト(商品化)
(株)銀座マギー × (株)アトレ × 杉野服飾大学
産学協同プロジェクト(商品化)
Makers’Base(都立大学)にて
卒業制作は、学内の金属工房やレーザーカッターほか、最新設備の整ったMakers'Base など外部の工房も利用し、作品制作を行います。
Makers’Base(目黒)にて

TEACHER'S VOICE

優れたデザインは人を幸せにする力があります

コース主任/教授 肉丸 美香子
「身につけるプロダクト」をキーワードに、バッグ・帽子・アクセサリーに重点を置いてデザインし、制作を行っていきます。プロダクト製品ですから、自分が満足することも大切ですが、それ以上に使う人に喜んでもらえることはさらに重要です。デザインにおいて最も大切なのは、アイデアです。アイデアを生み出す豊かな発想力、そしてそのアイデアを具体的なカタチにする優れた造形能力が備わって、初めてデザイナーとして社会に受け入れられます。

コース主任/教授 肉丸 美香子

Future

プランナーやデザイナーとしてアパレルメーカーやプロダクション、服飾雑貨のメーカーなどに活躍の場が開かれています。また、ファッションプロダクトが製品化され、マーケットに流通されるまでの一連の流れを理解できているので、販売職や営業職、プレスといった職種に就くことも可能です。さらにはファッション雑貨を扱うショップやアトリエを持つなど、自らが経営者となる道もあります。

2018年度カリキュラム※一部抜粋

本コースでは、バックや帽子、シューズなどのファッションプロダクトの製品化を前提とし、 アイデアとデザインを創出する能力を養います。作品制作は量産一歩手前のモックアップ(試作品)の段階まで行い、その際に外部の工場や職人との連携を重視し、学生たちは実際に製造現場と触れあう中で、実践的な技術やノウハウを体験的に学んでいくことができます。

2年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 デジタルデザインワーク I クリエーターとしての自己表現ツールとして,最も活用されているデザインソフト「イラストレーター」「フォトショップ」を使用し、パソコンスキル及び色彩感覚を高めます。
デジタルデザインワーク II
演習 ファッションプロダクトデザイン I バッグに加えて靴・帽子のデザインと制作を行う。バッグ・靴・帽子には多くの作業工程があり、デザイン画から制作までの基本的な流れを把握し、実物の完成までを学びます。徹底的なリサーチを行い、自らが所有し使ってみたいと感じると同時に一般ユーザーを更に満足させることを心がけデザインを考案します。
ファッションプロダクトデザイン II
デザインプロセス デザインとアートの違いを認識するとこから始め、デザインの役割とは何かをデザインプロセスに沿った授業の中で体験し学んでいくきます。
アクセサリーデザイン 金属を用いたアクセサリーをデザインし、制作します。
プロダクトデザイン演習 I 生活の中におけるプロダクトデザインとは何か。また、デザインするとはどういうことか。デザインの方法(発想・展開・定着・表現・伝達)を実践的に理解します。

3年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 ファッションプロダクトデザインゼミ ファッションプロダクトにおける「カバン」などには必ずと言ってよいほど「金具」が用いられています。市販の金具を取り付ける場合が多いと思いますが、もし自分の思う金具がなかったら作るしかありません。その基本技術を習得するゼミです。
マテリアル実習 I (金属) 2年次必修のデザインプロセス、アクセサリーデザインに続き、アクセサリーを制作します。
マテリアル実習 II (金属) 2年次、3年前期の経験を活かし、機能をもったアイテムの「Y型カラビナ」をデザインし、制作します。
演習 プロダクトデザイン演習 II 生活の中におけるプロダクトデザインとは何か。また、デザインするとはどういうことか。デザインの方法(発想・展開・定着・表現・伝達)を実践的に理解します。また実素材を使い、立体的なデザイン作品を制作します。
デジタルデザインワークIII クリエーターとしての自己表現ツールとして,最も活用されているデザインソフト「イラストレーター」「フォトショップ」を使用し、パソコンスキル及び色彩感覚を高めます。
ファッションプロダクトデザイン III バッグと帽子を中心に製品化を目指してデザインを行い、実践的なデザイン能力を養います。デザイン画を描くことから始め、試作や工場の技術者への製造依頼などを通して、製品化までの全体工程を修得します。
ファッションプロダクトデザイン IV

4年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 卒業制作 I グループ制作によりバッグの提案を行なう。グループごとにテーマを設定し、各自のコンセプトに基づきデザイン、制作を行ないます。1.2 年次における造形の基礎、専門課程各科目を通して学んだ全ての知識、技術、手法を駆使し『作品』制作・コマーシ
ャルポスター・ポートフォリオ制作を行ないます。
卒業制作 II

選択科目(服飾関係)

2年次 3年次 4年次
実験・実技・実習 ドローイングII 服飾手芸(ニットを含む) 言語と服飾文化
和服構成論・実習 I・II 服飾クラフト インターンシップ
映像制作 ファッション画(CG) 長期インターンシップ
インターンシップ
長期インターンシップ
講義 衣服管理 ショップディスプレイ 言語と服飾文化
染色化学 メディアアート論
繊維ファッション産業構造論 アパレル産業論特講
ファッション史 ファッション史
民族衣裳論
演習 画像設計演習
写真表現演習
立体造形演習
基礎デザイン(平面)
基礎デザイン(立体)

杉野で学ぶなら

テレメールで資料請求

学校法人 杉野学園 杉野服飾大学
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19
TEL:03-3491-8152(入試広報課)

  • 杉野服飾大学&短大インスタグラム
  • 杉野服飾大学&短大の公式LINE@
  • 杉野服飾大学 Facebook
このページのトップへ