ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界を目指すヒトのためのファッションカレッジ

杉野服飾大学
HOME  >  学部・コース  >  モードクリエーションコース

学部・コース

モードクリエーションコース

伝統の技術を世界に発信

モードクリエーションコース

世界に発信できるファッションクリエーターを目指して、企画からデザイン、パターン、縫製、プレゼンテーションまで、幅広い能力を一貫したカリキュラムで身につけます。デザイナー、パターンメーカー、マーチャンダイザー、スタイリストといったスペシャリストを育成します。

3 年間の流れ

2年次

造形能力の基礎を身につける
初年次教育課程の1年間で不足しているパターン・縫製のアイテムについて基本をしっかり学び、自分が思い描いたデザインを形にできるように技術を身につけます。デザインに適した素材や縫製方法、自分のデザインを客観的に見る目を養います。

3年次

イメージを具現化する表現力を身につける
さまざまなアイテムのパターン・制作方法を経験しながら、服飾造形の学びを発展させていきます。イメージ(デザイン)を具現化するために必要な表現方法を、服飾造形作品を制作するプロセスを通して学びます。

4年次

マーケットリサーチを通してデザインを考案する
研究テーマに沿って各種展覧会や展示会、市場調査などさまざまなリサーチを行い、作品のデザインを考案します。完成した作品は、学生自らが企画・運営する卒業制作発表会(ファッションショー)で披露します。

主な科目と作品

手描き・デジタルの双方からデザイン表現を構築する
モードデザイン I ・II・III・IV
服飾デザインにおける知識をもとに「デザイン力」や「表現力」を養い、デザイン画の表現技術や手法を学びながら、各種コンテストにも積極的に参加していきます。またCG 技術(Photoshop、Illustrator など)を修得し、より魅力的な企画書やポートフォリオを制作するテクニックも実践的に学びます。
モードデザインI〜IV
さまざまな手法を学び表現の幅を広げる
モードクリエーション I ・II・III・IV
幅広いアイテムのパターン・制作方法を経験しながら、服飾造形の学びを発展させていきます。イメージ(デザイン)を具現化するために必要な表現方法を、服飾造形作品を制作するプロセスを通して学びます。
装飾技法
応用力を体験的に養い実践力を磨く
卒業制作 I ・II
これまで学んできだ集大成として、各自の服飾造形における世界観を表現します。知識と技術を総合し、完成度の高い服飾造形作品を制作します。
卒業制作I・II
デザインを形にする技術を身につける
ドレーピング& パターンメーキング I ・II・III・IV
ドレーピングの基礎から応用までを学び、パターンメーキングとドレーピング双方からの見方、修正方法、工業用パターンの展開方法などを実践的に学びます。
ドレーピング&パターンメーキングI〜IV
デジタルによるクリエーションに挑戦
アパレルCAD I ・II
コンピューターによるパターンメーキング、グレーディング、マーキングの実践能力を身につけます。
アパレルCADI・II
卒業制作

FOCUS

学内外のコンテストに挑戦
学内外のコンテストへ積極的に参加します。自分の力を試し、不足した技術を見極めるチャンスにもなります。授業時間外に、工房での作品づくりやデジタルデザイン室でのポートフォリオづくりをサポートします。
学内外のコンテストに挑戦
世界のファッションシーンで活躍できる人材育成を目指す
『デザイナー養成特別強化ゼミ』
希望者が自主的に参加するゼミです。学内のデジタルデザイン室でデザインし、スタジオで試作を繰り返す作品づくりを行い、研修旅行やコンテストにも積極的に参加します。
デザイナー養成特別強化ゼミ

TEACHER'S VOICE

授業以外のサポートも充実

学部長・コース主任/教授 北折 貴子
本コースは、社会への広い視野を養い本物を見極め、オリジナルのデザイン力を身につけます。そのためには授業以外にも最新設備が調った工房を利用した特別養成ゼミや、産学連携プロジェクトなどへの参加も積極的にサポートしています。また、パターンや縫製なども学ぶことで、デザイナーとしてだけでなく、どのファッション分野でも通用する力が身につくことも大きな特徴です。

コース主任/教授 北折 貴子

Future

デザイナー、パタンナー、アパレルメーカーや百貨店のマーチャンダイザーやファッションアドバイザーなど流通管理者、さらに高い縫製技術を武器に縫製技術者など、本コースのフィールドはファッション業界の幅広い分野に広がっています。
デザイナー職では企業への就職だけでなく自分のブランドを立ち上げ、世界を視野に活躍する道も開けています。
販売職では服飾に関する知識の深さが認められ、インポート部門や店長職として活躍する卒業生もいます。

2018年度カリキュラム※一部抜粋

本コースでは、オリジナルなデザイン感覚と高度な服飾造形技術を習得するために、デザイン(デザイン画)・ドレーピング(立体裁断)・パターンメーキング(平面展開)・制作技術(作品制作)という4つの柱を中心にカリキュラムが構成されています。

2年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 モードクリエーション I 個性豊かなデザイン力、自分の発想したデザインを具体的な形にするために必要な様々な作品制作力を総合的に学びます。
モードクリエーション II
ドレーピング&パターンメーキング I さまざまなデザインを形にするために必要なドレーピング(立体裁断)の技術と応用方法を、パターンメーキング(平面展開)と兼ね合わせながら学びます。実際の形を目で見て確かめ、技術を身につけます。
ドレーピング&パターンメーキング II
モードデザイン I 衣服のデザイン考案を行うための発想プロセスを学び、ファッションの現場に必要な発想力や表現力、有効なデザイン画表現を学びます。
演習 CADパターンメーキング CAD(Computer Aided Design)の基本操作を学び、CADによる衣服設計の活用方法を学修します。完成パターンを使用し、立体(3D)→平面(2D)の相互関係を学習し平面パターン設計についてCADを利用しながら理解を深めます。

3年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 モードクリエーション III 個性豊かなデザイン力、自分の発想したデザインを具体的な形にするために必要な様々な作品制作力を総合的に学びます。
モードクリエーション IV
ドレーピング&パターンメーキング IV さまざまなデザインを形にするために必要なドレーピング(立体裁断)の技術と応用方法を、パターンメーキング(平面展開)と兼ね合わせながら学びます。実際の形を目で見て確かめ、技術を身につけます。
ドレーピング&パターンメーキング V
モードデザイン II 衣服のデザイン考案を行うための発想プロセスを学び、ファッションの現場に必要な発想力や表現力、有効なデザイン画表現を学びます。
モードデザイン III
演習 アパレルCAD I CAD(Computer Aided Design)を用いて、パターンメーキング、グレーディング、マーキングなどの操作方法を学び、実践能力を養います。
アパレルCAD II

4年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 モードデザイン IV 衣服のデザイン考案を行うための発想プロセスを学び、ファッションの現場に必要な発想力や表現力、有効なデザイン画表現を学びます。
モードクリエーションコース卒業制作 I 各自が設定した研究テーマに基づき研究し、作品制作を行います。発表会を通してプレゼンテーション能力を養います。
モードクリエーションコース卒業制作 II

選択科目(服飾関係)

2年次 3年次 4年次
実験・実技・実習 ドローイングII 服飾手芸(ニットを含む) 言語と服飾文化
和服構成論・実習 I・II 服飾クラフト インターンシップ
映像制作 ファッション画(CG) 長期インターンシップ
インターンシップ
長期インターンシップ
講義 衣服管理 ショップディスプレイ 言語と服飾文化
染色化学 メディアアート論
繊維ファッション産業構造論 アパレル産業論特講
ファッション史 ファッション史
民族衣裳論
演習 画像設計演習
写真表現演習
立体造形演習
基礎デザイン(平面)
基礎デザイン(立体)

杉野で学ぶなら

テレメールで資料請求

学校法人 杉野学園 杉野服飾大学
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19
TEL:03-3491-8152(入試広報課)

  • 杉野服飾大学&短大インスタグラム
  • 杉野服飾大学&短大の公式LINE@
  • 杉野服飾大学 Facebook
このページのトップへ