ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界を目指すヒトのためのファッションカレッジ

杉野服飾大学

大学案内

  • ファッションクリエーターへの道を進んでみませんか

  • 建学の精神を承け継いだ杉野服飾大学の教育の基本理念

  • ドレスメーカー女学院誕生から、杉野服飾大学の今日まで

  • 授業を改善し、教育の質を高めるための自己点検評価

  • 公益財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価

  • 現場で活躍している本学の多彩な教員スタッフ

  • 「創造力豊かな人材の育成」を目指した各種施設と設備

閉じる

学部・コース

閉じる

杉野服飾大学大学院

閉じる

キャンパスライフについて

閉じる

リクルート関連情報

閉じる

受験関連情報

閉じる

受験生の方へ

閉じる

保護者の方へ

閉じる

企業の方へ

閉じる

一般の方へ

閉じる

卒業生の方へ

閉じる

学生の方へ

閉じる
トップ  >  学部・コース  >  インダストリアルパターンコース

学部・コース

インダストリアルパターンコース

最先端で服を設計する

インダストリアルパターンコース

服のサイズをより良い状態へカスタマイズ、パターン(製図)をコンピューターグラフィックで確認します。アパレル(既製品)産業に対応できるスキルを身につけるため、CADパターンメーキング、工業パターン、体型分類、サイズ設定、グレーディングなど一連の技術を理論的に構築します。

3 年間の流れ

2年次

パターンの基礎を身につける
CAD パターンメーキングで工業用パターンを作成し、基本的なパターンの原理を学びます。同時に工業縫製方法も学修します。

3年次

パターンと縫製の技術を身につける
2年次で得た学びをベースに、さらに即戦力を養うため、パターンメーキング技術検定2 級レベルを到達目標とし、高度なパターン展開や人体の知識を深めていきます。

4年次

パターンと人体の関連性を身につける
卒業制作として、独自の世界観で5 〜 8 体の作品を製作します。パターンと素材をしっかり把握しながら、人体工学的な観点で衣服を設計していきます。

主な科目と作品

最新テクノロジーで人体構造を知る
人体工学設計技術 I ・II
最新テクノロジーである 3 次元人体計測システムと人体計測データの解析法及び3 次元着装シミュレーション(CAE) を学び、それら技術の被服設計への活用を修得します。
人体工学設計技術I・II
特殊な素材で人体の動きを考慮した衣装を制作する
C A D & 3 D 演習 I ・II
CAD パターンメーキングとデザインの両面から、カッティングによる衣装制作を学びます。優秀作品はモデルフィッティングを行い展示されます。
C A D & 3 D 演習 I ・II
工業縫製方法で作品を製作する
感性産業デザイン I ・II
CAD による工業パターンから1/2 による作品製作を行います。素材とパターンの違いや、緩み・衣服形状を学びます。アパレル企業と同レベルでの生産用機器を利用し、縫製技術力を養成します。
感性産業デザイン I ・II
即戦力の力を磨き上げる
インダストリアルパターン I 〜IV
ドレメ式原型より、着装シミュレーションでサイズをカスタマイズし、自分サイズのジャケットをつくります。工業パターンで表地や裏地の考え方を修得します。縫製工場の仕様書に基づいた制作を指導します。
インダストリアルパターン I 〜IV
実践的な工程でパターン能力を養う
感性産業C A D I ・II
企業で行われている立体から平面の流れを修得し、CADパターンメーキング→ドレーピング&パターンメーキングを連動することにより即戦力を養います。
感性産業C A D I ・II
独自の世界観をクリエートする
卒業制作 I ・II
卒業制作

FOCUS

ファッションショー形式の審査
学外審査会
企業で働くパタンナーなど外部審査員を招いて評価会を行います。3次元計測器で体型分析したモデルに作品を着てもらい、ファッションショー形式で発表します。
学外審査会
劇団とのコラボレーション
山の手事情社観劇
衣裳のデザインや、衣裳が演劇でどのような役割を果たすかなどを、観劇を通して学修します。俳優の衣裳づくりに携わることで、衣裳コンセプトの構想方法なども身につきます。
山の手事情社観劇

TEACHER'S VOICE

技術が身につきやすい授業スタイル

コース主任/教授 住野 雅子
CADや着装シミュレーションを使いこなせるようになるために、一人ひとり丁寧に指導していきます。学生は数多くの作品をつくり、教員と学生がコミュニケーションを取ることによって理解力を深め、技術が自然と身につく授業にこだわっています。将来パタンナーとして充実した仕事ができるような社会人の育成を目標としています。

コース主任/教授 北折 貴子

Future

CADを取り入れた工業パターンを主体とする授業によって身についた能力を活かし、アパレル企業のパタンナーとして就職する道が開かれています。また、高品質のアパレルをリーズナブルに提供していこうとする近年の傾向から、先端機器を使って正確にサイズを計測できる人材の需要増が予測されています。こうしたニーズに応えるため本コースでは、3D計測機オペレーターやモデリストとして、広く社会に求められる人材を輩出しています。

2016年度カリキュラム

本コースのカリキュラムは、衣服設計をするために、感性を工学的にとらえて、数値に置き換えるためにセンスの良い科学的なアプローチを行っています。工業パターンの縫製方法やデザイン画の描き方を取り入れ、社会に通用する実践的なカリキュラム構成となっています。

3年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 感性産業デザイン I パターンと素材を考慮してデザインを考案するために、1/2大ボディを使用してカッティングの優れたデザインとは何かという問いに対して追求し、好奇心とインスピレーションによるファッションの研究を行います。
感性産業デザイン II
感性デザイン・ CG I 体型を充分に理解し、プロポーションの描き方や服装のデザインを学んでいきます。フォトショップやイラストレータを使用して企画書やイメージ作りを学習します。
感性デザイン・ CG II
演習 人体工学・計測・設計技術 最新テクノロジーである 3 次元人体計測システムと人体計測データの解析法及び3次元着装シミュレーション(CAE)を学び、それら技術の被服設計への活用を修得します。ドレメ式原型を利用し体形に合った原型作りを学びます。
カスタマイジング・デザイン構成論・実習 (演習) 個人の人体における形状を知る上で必要な骨格や計測店を学びます。さらに、3次元計測システムを利用することが出来るように指導していきます。
CAD & 3D 演習 I 企業で行われている立体(3D)から平面(2D)への流れを修得し、CADパターンメーキング→ドレーピング&パターンメーキングとを連動することにより即戦力を養います。
CAD & 3D 演習 II
感性産業・CAD I 実用的なCADのメニューの操作を学ぶと共にCADによるパターンを具現化していきます。またアパレルで必須である工業用パターンについても学修し、更なる即戦力を養います。
感性産業・CAD II

4年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 学内コンクール作品制作 与えられたテーマで 2 週間集中制作します。
感性産業デザインコース卒業制作 I CAD を主体として作品を制作し、デジタルデータを利用することによって周辺機器に拡がりをもたせ、高度なデザインを創造していきます。 3 次元のデータから、人体の動きをとらえたパターン研究を行います。卒業研究要項は、パターンを中心に指導します。
感性産業デザインコース卒業制作 II
演習 感性産業デザイン・CG III 体型を充分に理解し、プロポーションの描き方や服装のデザインを学んでいきます。フォトショップやイラストレータを使用して企画書やイメージ作りを学習します。

選択科目(服飾関係)※一部抜粋

3年次 4年次
実験・実技・実習 小山ゼミ(ドレーピング&パターンメーキング) インターンシップ
インターンシップ 長期インターンシップ
長期インターンシップ