ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界を目指すヒトのためのファッションカレッジ

杉野服飾大学
HOME  >  学部・コース  >  テキスタイルデザインコース

学部・コース

テキスタイルデザインコース

素材を極めアートに高める

テキスタイルデザインコース

ファッション業界は今、「素材の時代」といわれています。服飾造形を支えるテキスタイル(素材)の基礎力を身につけ、アパレル素材の考案やアーティスティックな作品制作まで、自由な発想でテキスタイルデザインが提案できる人材を育成します。

3 年間の流れ

2年次

基礎を身につけてテキスタイルを理解する
初めてでも創作的なテキスタイルデザイン・設計・制作ができる基礎的な能力を身につけます。織物や染色の基本的な作品制作を通してプロセスとさまざまな技法を修得。講義科目では、制作につながる設計理論を学修します。

3年次

多角的な授業を展開し総合的な能力を育成
ニットCAD やCG を使ったデザイン、3D シミュレーション表現などコンピュータースキルの修得からリサーチやプレゼンテーションまで、デザイン・設計をデジタルで伝える専門的、実践的な能力を身につけ作品制作の幅を広げます。

4年次

卒業研究・制作自ら計画、実行する
3 年間の集大成としてイメージしたデザインを的確な素材選び、技法研究、サンプル制作を経てテキスタイルとして表現し、作品をまとめます。卒業後はテキスタイル、ニット、プリントなどのデザイナーやテキスタイルプランナーを目指します。

主な科目と作品

素材について理論と体験で理解する
素材設計論 I・II・素材分析実験
素材設計論はデザインを実際のテキスタイル制作に生かす設計理論を学ぶ授業です。繊維、糸の太さ・形状、密度、組織などで風合いが変化します。実践的な設計・企画能力を身につけます。素材分析実験ではアパレル商品の解体を行って、アイテムのパーツ構成から繊維まで紐解いていく授業で、より深く生地や製品を理解していきます。
素材設計論・素材分析実験
C G ソフトで表現力を広げる
画像表現演習 I・II
テキスタイルデザインシミュレーションソフトや、CGソフトを使用してテキスタイルデザインを学びます。また、CG によるポートフォリオの作成や、プレゼンテーションでのCG 表現で、効果的な表現能力を身につけます。
画像表現演習
プレゼンテーションまでの表現力を磨く
卒業制作 I・II
学生が自らテーマ、コンセプトを決め、2 作以上の作品とポートフォリオを制作します。イメージを的確に表現できる素材と技法を研究し、サンプル制作を経て作品を制作します。オーラルプレゼンテーションと作品展示を行うことで完成します。
卒業制作
テキスタイルのさまざまな技術を修得
ダイイングテクニック I・II・III・IV
繊維、糸、布の染色技法の基本を学びます。伝統技法の絣や絞り染め、型染めや先端のインクジェットプリントなど、さまざまな染色技法でイメージ通りの染色表現ができる能力を身につけます。
ダイイングテクニック(染)
テキスタイルデザイン(織)I・II・III・IV・V
織機を使い織物技法の基礎から応用までを修得します。繊維、糸などのさまざまな素材に必要な設計と仕上がりの風合いとの関係を理解し、適切な技法でテキスタイル制作ができる能力を養います。
テキスタイルデザイン(織)
ニッティング(ニットCAD)I・II
ニット制作の基本的な編み方を身につけます。ニットはアパレル業界で大きな領域を占めています。企業に導入されているニットCADシステムのオペレーションを学び、クリエーションに対応できる実力を養います。
ニッティング(ニットCAD)
卒業制作

FOCUS

実際の製品づくりを見ることで、学んだ知識を確かなものに!
産地見学旅行
3 年次の必修で日本を代表する産地を見学。製糸、織物、ニット工場では世界に注目される布がつくられ、斬新なファッション提案をしています。その現場を見ることで、授業で学んだ知識を実践へと理解を進めます。また、伝統工芸も見学します
産地見学旅行
完成した布は大学祭のファッションショーで発表
チェック&チェック ファッションショー
3 年次に「自分で着る5 色使いのタータンチェックの布」をテーマに、コンピューターシミュレーションでデザイン、設計、染色、織り上げ、縫製まで一連の流れを行い素材の特徴と制作プロセスを確かなものにしていきます。
チェック&チェック ファッションショー

TEACHER'S VOICE

テキスタイルの楽しさ、奥深さを知ってほしい

コース主任/教授 鈴木 美和子
本コースの魅力は自らデザイン、設計、染色、織布(ニッティング)など全ての工程を行うところにあります。原材料が自らの力でどんどん変化していく様子を実感しながら創作・制作できるところが醍醐味であると同時に、一番のおもしろさだと思います。原材料の繊維から糸、布の特性を学び、知識、技術、感性が一体となった個性的なテキスタイルが提案できるテキスタイルデザイナー、テキスタイルプランナーを目指します。

学部長. コース主任/教授 鈴木 美和子

Future

“素材”という、製品や布になる前のファッション分野では「根本」「原点」となる領域を学修しているため、将来の進路が幅広い職種に広がっているのが特長です。テキスタイルデザイナーやプランナー、プロダクトマーチャンダイザーなど、本コースでの学びが直接活かせる職種から、ファッションデザイナー、アパレルメーカーの素材開発や販売、営業に至るまで、繊維や生地の深い理解度を活かした活躍の場は多岐にわたっています。

2017年度カリキュラム

本コースでは3部に分けてカリキュラムを編成しています。まず、表現したいイメージを固めるために[イメージトレーニング]を行い、次に実際に技術を使ってファブリック作品を[制作]します。そして、最後に設計理論構築のための[分析・確認]を行うと言う3部門です。また、本コースの各科目は有機的に科目が連携しており、単一科目では得られない相乗的な学習効果が得られるようなカリキュラム構成で授業展開しています。

3年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 アートマテリアル I 新しい個性的な素材を創り出すためのトレーニングを行います。
アートマテリアル II
ニッティング(ニット CAD ) 無縫製ニッターを使用して、その CAD システムを理解し、実際にニッティングする授業です。
ダイイングテクニック(染) I 多数の染色技法を学びます。原毛染め、糸染め、布染め等です。最新技術であるCGプリンター(インクジェットプリンター)を用いてデザインを瞬時にプリンティングし、商品提案できるようなレベルまで学びます。
ダイイングテクニック(染) II
テキスタイルデザイン(織) I 織物技法の基礎から応用まで学び、伝統的な手織やコンピュータドビー機・ジャカード機などを使った織物制作を行います。
テキスタイルデザイン(織) II
演習 画像表現演習 I テキスタイル設計専用ソフトを使って素材に関する設計力を学びます。それらのテクニックを使って各自の発想によるイメージボードを制作します。
画像表現演習 II
素材設計演習
素材分析演習 「衣服解体」アパレルメーカーで生産されている商品を解体・分析して、企画、設計に役立つデータをレポートにまとめ、商品作りの基本である素材に対する視点を養います。

4年次 必修専門科目

科目名 概要
実験・実技・実習 学内コンクール作品制作 制作週間において、自由な発想で作品を制作し、コンクール形式で展開する授業です。
アートファブリックデザイン(含むCG) コンピュータグラフィックスを使ってデザインし、より近いイメージをアーティスティックな作品を制作するためのデザインシミュレーションやCGを使ったプレゼンテーション力を育成します。。
アートファブリックデザインコース卒業制作 コンクール形式による作品制作を行います。
講義 素材設計論 基本的な設計技法と新しい素材を企画設計するための理論を実践的に学びます。

選択科目(服飾関係)※一部抜粋

3年次 4年次
実験・実技・実習 服飾手芸(ニットを含む) インターンシップ
インターンシップ
講義 ショップディスプレイ

杉野で学ぶなら

学校法人 杉野学園 杉野服飾大学
〒141-8651 東京都品川区上大崎4-6-19  TEL:03-3491-8152(入試広報課)

  • 杉野服飾大学&短大インスタグラム
  • 杉野服飾大学&短大の公式LINE@
  • 杉野服飾大学 Facebook
このページのトップへ