ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ
  5. サイトマップへ

ファッション業界を目指すヒトのためのファッションカレッジ

杉野服飾大学

大学案内

  • ファッションクリエーターへの道を進んでみませんか

  • 建学の精神を承け継いだ杉野服飾大学の教育の基本理念

  • ドレスメーカー女学院誕生から、杉野服飾大学の今日まで

  • 授業を改善し、教育の質を高めるための自己点検評価

  • 財団法人日本高等教育評価機構による大学機関別認証評価

  • 現場で活躍している本学の多彩な教員スタッフ

  • 「創造力豊かな人材の育成」を目指した各種施設と設備

閉じる

学部・コース

閉じる

杉野服飾大学大学院

閉じる

キャンパスライフについて

閉じる

リクルート関連情報

閉じる

受験関連情報

閉じる

受験生の方へ

閉じる

保護者の方へ

閉じる

企業の方へ

閉じる

一般の方へ

閉じる

卒業生の方へ

閉じる

学生の方へ

閉じる
HOME  >  大学案内  >  教育のポリシー

大学案内

教育のポリシー

 本学園の創設者杉野芳子は、日本の近現代の過渡期にあって、単身渡ったアメリカで自分自身の生活体験の中から西洋衣裳の制作技術と服飾文化を身につけて、帰国後日本における服飾教育を開始しました。その目指すところは日本における洋装の普及定着と服飾技術の習得による女性の自立でした。彼女は洋装を日本人に適合させるための洋装技術としてドレメ式原型を考案し、日比谷公会堂で日本初のファッションショーを開催するなど、日本における服飾教育の確立とモードの創出に取り組みました。彼女はファッションを20世紀の新しい芸術の一分野として捉え、パリのエレガンスを日本に紹介しました。彼女の取り組みの全てがパイオニア精神で満たされています。
 このような創設者の建学の精神を承け継いだ杉野服飾大学の教育の基本理念は、挑戦(チャレンジ)の精神、創造する力、自立(自己実現)する能力の育成です。21世紀初頭の現在、日本の服飾に関する産業と社会はかつてないほど国際化が進行し、素材生産から消費市場に至るすべての局面で様々な課題に直面しています。この状況の中で、現在および未来の日本のファッション産業の道を切り拓くチャレンジ精神をもって、芸術性・技術力と文化的教養に基づいた創造力を養い、服飾の分野の専門職業人として社会で自立する能力のある人材を送り出すことが杉野服飾大学の使命です。この使命を達成するために、本学では、次のようなアドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシーを教育方針としています。

アドミッションポリシー

 服飾に関する単科大学として前記の使命を達成するのにふさわしい柔軟な心を持ち、自分自身の可能性を追求する学生を求めています。「服飾造形やファッションビジネスに強い関心と学習意欲をもっている人」、「優れた創造性や豊かな個性をもっている人」、「自己の認識や表現ができ、自己実現への意欲が高い人」などです。
 このような人を多く受け入れるために、AO入試に重点を置いています。
 本学では、初年次で服飾造形に関する基礎的な技術とファッションビジネスに関する基礎知識を初歩から習得できるように教育課程を編成していますので、入学試験では、高等学校で普通科の生徒であっても、また、服飾造形に関する授業の実習や制作体験がない人であっても、不利となることはまったくありません。

カリキュラムポリシー

 本学の教育の使命と目的を効果的に実現するための教育組織として、1、2年次で共通の基礎課程と3、4年次で7つのコースに分かれた専門課程を設けています。基礎課程では、教養科目によって一般的教養を養い、服飾関係科目によって芸術性と技術力を育成します。その基礎の上に立って、専門課程で、創造力をもった専門職業人を養成することを目指しています。
 教養科目は、幅広く深い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養することを目的として、一般・体育・総合・国際関係・外国語の科目を多数開講し、外国語は8単位以上、それ以外の科目で24単位以上の履修を要求しています。また1年次生には初年次教育科目2単位を必修として、大学で4年間学ぶためのスキルを修得させています。外国語については、3、4年次でアパレル実務英語・フランス語も開講し、服飾業界での必要性に対応しています。
 基礎課程では、服飾関係科目の専門必修科目と専門選択科目を設けています。専門必修科目は25科目ですが、その中核科目として、ドレス構成論・実習Ⅰ〜Ⅴ、ドレーピング&パターンメーキングⅠ〜Ⅲがあります。これを全員に履修を義務付け、服飾造形に関する基礎的な技術を全学生が修得することとしています。これが本学のカリキュラムポリシーの特徴です。ただ、専門課程ではドレス構成論・実習ⅢⅣⅤとドレーピング&パターンメーキングⅢを卒業要件としないコースもあり、7つあるコースの多様性を踏まえた対応となっています。
 専門課程では、各コースごとに独自の必修科目(27単位〜30単位)を設定しています。各コースの間で共通する科目はありません。各コースの教育目的と目標が異なり、共通性がないことに基づいています。各コースの教育目的と目標を達成するために必要な必修科目をコースごとに12科目ないし16科目設定しています。基礎課程の科目、専門課程での選択科目と合わせて専門課程でコースの必修科目を履修することによって、各コースの目指す専門職業分野の人材育成を可能とする方針のもとにカリキュラムを編成しています。

ディプロマポリシー

本学の卒業要件に関する単位は、次のとおりとなっています。

IV.卒業要件に関する単位内訳 (2013年度生)

授業科目の区分と履修方法 修 得 単 位 数
専門科目 服飾関係 必 修 29
要履修 8
コース名 モードクリエーション
コース
感性産業
デザインコース
アートファブリック
デザインコース
ファッションプロダクト
デザインコース
先端ファッション
表現コース
ファッション文化論コース ファッションビジネス・
マネジメントコース
服飾関係 コース別必修 27 27 28 30 28 29 32
服飾関係
ライフスタイル関係
選 択 21~26
26 26 25 23 25 24 21
小 計 90
教養科目 初 年 次キャリア 8
一  般
体  育
総  合
国際関係
選 択 18
外 国 語 選択
必修
8
※英語・フランス語・中国語のいずれか I ~ IV の単位を修得すること
合   計 124

教養科目の履修等によって、社会人としての資質、能力を養い、幅広く深い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養することをめざしています。また、次の表に掲げる専門課程のコース別の教育目的に従って、目標の欄に掲げている服飾関係の専門的職業で活躍できる人材の育成を目標としています。そのために基礎課程で要求する科目の単位数を修得し、かつ、コースごとに要求する必修科目を修得することによって、卒業を認定し、学士(服飾)の学位を授与することとしています。

《専門課程 コース別教育目的と目標》

コース名 目的 目標
モードクリエーションコース 服飾造形表現に必要とされる知識・技術・感性を修得し、イメージを的確に造形として表現・判断できる能力の育成を目的とする。 ファッション産業の現場で活躍できるデザイナー、パタンナー、縫製技術士などの人材育成を目標とする。
感性産業デザインコース ファッションの色や素材、人体におけるサイズ等を最も良い状態へ改良しながら個々の人体に対応して、パターンを開発できる能力の育成を目的とする。 3D計測機を使用した人体計測およびCADによる個々の人体に対応したパターン開発が提案できるパタンナーの人材の育成を目標とする。
アートファブリックデザインコース 服飾素材を理解し、技術を駆使して創造的なテキスタイルデザイン・設計のできる能力の育成を目的とする。 創造的なテキスタイルデザイン・設計をし、制作を通してイメージを素材で表現できるPMD(Product Merchandiser)の育成を目標とする。
ファッションプロダクトデザインコース ファッションプロダクトの分野でアイディアを創出する豊かな発想力、さらにそのアイディアを具体的な形にする造形能力を養うことを目的とする。 バッグ、帽子、シューズ等ファッション関連グッズのデザインなど、プロダクトデザイナーとして広く社会に受け入れられる人材の育成を目標とする。
先端ファッション表現コース ファッション造形を他者に伝えていくための表現方法を修得することを目的とする。 映像・画像や雑誌などの制作技術を修得し、ファッションイメージを表現できるファッション雑誌エディター、CM ディレクターアシスタント、ファッションショー企画などの人材の育成を目標とする。
ファッション文化論コース 服飾文化に関する思考を文章表現できる能力の育成を目的とする。 服飾文化についての知識と文章表現能力をもとに、ファッションジャーナリスト、出版業などで活躍できる人材の育成を目標とする。
ファッションビジネス・マネジメントコース ファッションビジネスにかかわる企画創作能力・企画作成技術力・プレゼンテーション能力の育成を目的とする。 ファッションビジネスを、ファッションメーカー(アパレルメーカー)ブランディング構築(製造業界)等を中心として企画・提案を行う能力と、リテール(小売業界)を中心として店頭店舗のマネジメント(小売業の経営管理)を行う能力を身に付けた人材の育成を目標とする。